2012年06月22日

Nintendo Direct 2012.6.22 まとめ・感想

6月22日に任天堂公式サイトなどで配信されたNintendo Direct(ニンテンドーダイレクト)プレゼンテーション映像を視聴しました。
公式はこちらから。
特に任天堂タイトルを中心に感想を書きます。


『大乱闘スマッシュブラザーズ新作続報』

3DSとWii Uで発売される予定のスマブラシリーズ最新作の続報が発表されました。
本作は開発をバンダイナムコゲームス・バンダイナムコスタジオが手掛けることになり、ディレクターは従来と同じソラの桜井政博さんで、バンダイナムコスタジオからもプロデューサーに小林賢也さん、ディレクターに樋口義人さんが携わることとなりました。
今までと違いバンダイナムコが開発を手掛けるということで心配される方も多くいると思いますが、ディレクターは桜井さんで変わらず、また発売は任天堂からです。人気シリーズとしての高いクオリティを維持して発売されることは間違いないでしょう。バンダイナムコからもトップクリエイター達が本作の為に集結しているとのことです。
キャラクター、システムを含め今後の情報を待ちたいと思います。


『星のカービィ 20周年スペシャルコレクション』

7月19日にWiiで発売になるカービィ20周年のコレクションソフトについてです。
過去のシリーズのソフト6作、オリジナルゲームに加え、シリーズ歴史が分かる電子年表、またブックレットとサウンドトラックCDが付属になったとてもお得なパックです。
発売にとなる7月19日からはクラブニンテンドーで、オリジナルカービィグッズが抽選で3,000名に当たるプレゼントキャンペーンが実施されます。本作、毛糸のカービィ、星のカービィWiiを購入してポイントを登録(登録済みでも可)した方が応募できるとのことなので忘れずに応募しましょう。


『カルドセプト』

6月28日に発売になるカルドセプトの新作についてです。
プレゼンではカルド・セプ子さん自ら登場してタイトルの説明を行いました。必見ですよ。
発売日にスペシャルサイトが公開され、ランキング戦の結果や今後の新情報が発信されるそうです。


『ポケットサッカーリーグ カルチョビット』

7月12日に発売になるカルチョビットの新作についてです。
今作はインターネット対戦をすると自動的に自分のチームページが特設サイト「日刊カルチョビットweb」に開設されるそうです。
ゴールシーンを公開するなどインターネット連動要素が非常に面白そうです。


『Newスーパーマリオブラザーズ 2』

スーパーマリオブラザーズシリーズ完全新作が登場します。
今作はコインを集める新しい遊びが楽しめる「コインラッシュ」モードが登場するとこのことで、コインを集めるための手段が数多く用意されています。
また発売後にはこの「コインラッシュ」モードの追加コースが有償で配信されるとのことです。
実際にどんな遊び方をされているかを確認してから制作されるとのことなので非常に面白い追加コースが出来るのではないかと期待しています。


『東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング』

ニンテンドーDSで大ヒットとなった脳トレシリーズの最新作が3DSに登場します。
少しでも集中がとぎれると解けないような問題を、ギリギリの難しさで出題し、ワーキングメモリーを鍛えていく厳しいトレーニングが収録されるとのことです。
脳が鍛えられそうな気がしますね。


『ニンテンドー3DS LL発表』

3DSを大型化した新モデル『ニンテンドー3DS LL』を発表しました。
今回のモデルでは上画面が4.88インチ、下画面のタッチスクリーンが4.18インチと従来と比べ1.9倍となりました。
サイズ、重量が従来よりも大きくなりますが、その分容量の大きなバッテリーが搭載されるとのことです。
尚、ACアダプターは別売りとなります。(DSi、DSi LL、3DSと同じアダプターが使用できます。)

DSi LLの上画面が4.2インチ、PSPが4.3インチ、PS Vitaが5.0インチであるという事を見てもこの画面の大きさは伝わると思います。
店頭で実際に確認したい所ですが、ものすご〜く大きいと思います。

尚、発売日は7月28日で価格は18,900円となります。
また『Newスーパーマリオブラザーズ 2』、『東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング』が3DS LL本体発売日と同日に発売されます。

これだけ大きくなれば価格も2万円程度になるかなと思う所ですが、そこを1万円台に抑えているので非常にお得感があります。ACアダプター(1,500円)は持っていない場合は購入する必要がありますが、持っている人も多いでしょうから別売りにしたのはよかったのではないかと思います。
持ち運びするには従来の3DSの方が便利でしょうが、家でのプレイが中心となる方、少しでも大きな画面でプレイしたい方はこちらの本体の購入を検討してみてはいかがでしょうか。値段の違いもありますので今後はどちらのモデルも今まで同様に売れていくのではないでしょうか。

またこの発表に際して、6月5日の日本経済新聞の報道についてその通りだったじゃないかなどと多々言われています。
日経新聞は「現行の約1.5倍の4.3型程度になる見込み」、「E3で発表」などと今回の発表内容と大きく異なる憶測記事を展開していました。
それに対して任天堂はニューリリースで「当社が発表あるいは事実確認したものではなく、数多くの間違いが含まれた、日本経済新聞社の全くの憶測記事です。」との声明が出されていました。
このように公式発表においては3DS LLが発売されないという否定は行われておらず、実際に記事において間違いが多く存在しています。
実際に間違いが多い状態でこのように声明を出すことは正しいことであると思いますし、日経新聞の憶測記事に多くの人が踊らされる事となってしまった事が非常に残念です。


『新 絵心教室』

9月13日に絵心教室の新作が3DSで発売されることが発表されました。
モチーフが3Dになるなどいろいろ改良点が多そうです。LLでプレイすれば大きく画面を利用することが出来そうです。


『とびだせ どうぶつの森』

この秋に発売予定のどうぶつの森シリーズ最新作ではプレイヤーは村長となり、村を切り盛りしていくそうです。
カスタマイズが可能になった部分も多く、さまざまな新要素が搭載されています。
今から発売が楽しみになりますね。


本日から「ニンテンドーeショップ開店1周年 感謝祭」が開催されています。
人気の10タイトルが1週間で5タイトルずつ20%オフとお得な価格で購入できます。おすすめタイトルが多いのでプレイされていない方はこの機会に是非どうぞ。

その他、サードパーティから『デビルサマナー ソウルハッカーズ』、『ロストヒーローズ』、『戦国無双 Chronicle 2nd』、『エクストルーパーズ』、『AKB48+Me』、『ブレイブリーデフォルト』などのソフトが紹介されました。
いろんな情報を確認出来ますので、プレゼンを見てないからはご覧になるのをお勧めします。

E3後ということでどのような追加情報が発表されるのかなと思っていましたが、3DS LLなど大きな発表があり、たいへん驚きました。
まだまだ詳細が明らかになっていないタイトルも数多くありますので今後の展開に期待したいと思います。

以上です。
posted by みょーちゅー at 15:05| Comment(0) | ゲーム全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。