2012年06月07日

E3 2012 カンファ感想(任天堂編)

E3のカンファレンスの内容を中心に発表で気になった事、期待していることなどをまとめていきます。
今回は日本時間の6日午前1時から開始された任天堂のカンファレンスについてです。
またカンファレンスの内容に加えて、7日午前10時からのニンテンドー3DSソフトウェアショウケースの配信の模様やホームページのインタビューなどの映像を視聴した内容も含めて書いていきます。

特に気になった部分を中心に紹介していきます。


Wii Uについて

『ピクミン3』

カンファレンスの一番最初で紹介されたタイトルはついに発表になったWii U向けのシリーズ最新作『ピクミン3』です。
ゲームキューブで1作目が登場したリアルタイムアクションマネージメントゲームです。
ゲーム界のレジェンドである宮本茂氏が登壇し、Wii U、そして本作のゲームプレイについて説明が行われました。
宮本氏がWii Uでピクミンを作りたいとして誕生した本作、2画面を利用したじっくりとプレイ出来るそうです。
また過去ハードでは表現できなかった高解像度の画面、モーションプラスを利用した快適な操作が実現しています。
新ハードでいろいろと強化された本作。非常に楽しみです。


『NewスーパーマリオブラザーズU』

据置機で2Dマリオ最新作の登場です。
ローンチタイトルとして発売されます。
Wiiで発売された作品と同様に4人同時のマルチプレイは実現する他、プレイアブルのキャラクターとして自分のMiiも利用できます。
またWii UということでGamePadを利用したアシスト機能を搭載するなど新しい要素も満載です。
Wii U本体と一緒に買いたいソフトになるでしょうね。楽しみです。


『Batman Arkham City Armored Edition』

バットマン・アーカムシティがWii Uに「Armored Edition」として登場します。
GamePadに広大なマップを表示することでプレイヤーは目的の場所に迷うことなく快適に到達出来、またガジェットを直観的に選択することもできます。
またGamePadでゲーム内をスキャンしたり、新たなアーマーの登場、BATと呼ばれる新要素など追加要素も満載で更にバットマンの世界に深く入り込むことが出来そうで楽しみです。


『Wii Fit U』

世界中で最も売れた体重計であるバランスWiiボード。
それを利用した最新作がWii Uにも登場します。タブレットコントローラーを利用することでリビングでテレビを見ながらGamePadにトレーニングの情報を表示しながらプレイできます。
本作にはフィットメーターと呼ばれる歩数などを計測できる機器が付属し、そのデータを本体に送信できるそうです。
個人的意見として歩数に関して言えば3DSで記録されるということもあり、そのデータを送信できるような仕組みを作ってもらいたいな…とも思いました。毎日3DSを持ち歩いていますので是非ともそのデータも活かしたい所です。


『Lego City Undercover』

海外で人気のレゴシティシリーズ最新作がWii U向けに発表されました。
レゴのキャラクター達が広大なマップを舞台に大暴れ。GamePadを利用した便利な操作もあり見てて非常に楽しそうなゲームだなと感じました。


『ZOMBI U』

Wii U向けの新作としてこの作品の紹介は見逃せないでしょう。
GamePadの機能を惜しみなく利用したゲームプレイ、また搭載されているカメラを利用したゾンビ化機能など「ここまでやるか!」っていうぐらいの内容になっています。
コアゲーマーも満足できそうな完全新作となるゾンビゲーム。非常に楽しみです。


『Nintendo Land』

ニンテンドーランドはもし任天堂がテーマパークを作ったらという目的で作られた本作。
ゼルダの伝説、ドンキーコング、ルイージマンション、どうぶつの森などをモチーフにしたアトラクションでWii Uというゲーム機ではどんなことが出来るのか。12ものアトラクションを体験することでそれを知ることが出来ます。
みんなでプレイ出来るのはもちろん1人用のアトラクションも多く用意されているとのことです。
今作はWiiが登場した時のWiiスポーツと同様、Wii Uでどんなことが出来るのかを知る最適なそふととなります。ローンチタイトルとして発売されるとのことなのでこちらも必須の1本となるのではないでしょうか。


その他、多くのソフトが紹介されていました。
また当初、本体につき1つのGamePadしか対応してないとのことでしたが、2つのGamePadを使用したデュアルパッドプレイに対応することが発表されました。またHulu, YouTube, Amazon Videoに対応するなどコンテンツの充実も図られるそうです。
本体のコンセプトについてはニンテンドーダイレクト Pre E3の感想に詳細を掲載してますのでこちらもチェックしましょう。


ニンテンドー3DSについて

『Newスーパーマリオブラザーズ2』

8月に発売が予定されている携帯機向け2Dマリオの最新作の詳細が公開されました。
テーマはコインを100万枚集めることが出来るゲーム!
コインをたくさん集める仕組みがたくさん登場するようで、非常に演出が派手になっています。コインラッシュモードといったコインを集める新たなモードも登場するそうです。
さらに今作では2人で全てのコースを一緒に遊ぶことが出来るようになりました。
新要素満載の本作ですが、今から8月の発売が非常に楽しみです。


『Luigi's Mansion: Dark Moon』

北米では年末商戦期の発売が決まった『ルイージマンション2(仮称)』の情報が公開されました。
e-shopで映像が配信されていますが、このゲームは3D立体視との相性が非常にいいゲームと思います。
ルイージファンのみなさんはもちろん、そうでなくとも楽しみな1本になりますね。


『Paper Mario: Sticker Star』

北米では年末商戦期の発売が決まった『ペーパーマリオ』の最新作の情報が公開されました。
映像を見てて、非常にギミックが面白いという印象を受けました。
シールを集めたり、仕掛けを解いたり、先を進めていくのが非常に楽しそうなゲームです。
e-shopでは立体視対応の映像が配信されています。ペーパーなのに3D!それを実感して下さい。


<総評>
今回のカンファレンスではWii Uを中心に公開されましたが、GamePadによってもたらされるゲームの新体験が今からとても待ち遠しくなりました。
特に『ZOMBI U』、『Assassin's Creed III』など数多くのWii U対応タイトルを発表したUBIソフトは特に印象に残りました。
まだまだ発売されるタイトルは出揃っている訳ではありません。今後どんなゲームが出てくるのか期待したいと思います。
また今回はWii U中心ということで3DSのソフト紹介は少なく、どうぶつの森などの新情報はありませんでしたが、今後日本向けにも情報公開する機会があるそうなのでそちらに期待したいと思います。

以上です。
posted by みょーちゅー at 22:33| Comment(0) | ゲーム全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。