2012年06月06日

E3 2012 カンファ感想(SCE編)

E3のカンファレンスの内容を中心に発表で気になった事、期待していることなどをまとめていきます。
今回は日本時間の5日午前10時から開始されたソニー・コンピュータエンタテインメントのカンファレンスについてです。

カンファレンスで特に気になった部分を中心に紹介していきます。


『BEYOND: Two Souls』

まず最初に公開になったのは『HEAVY RAIN』を手掛けたDavid Cage氏による完全新作です。
HEAVY RAINも独特のゲームでしたが、今回のゲームでも人物の表情、動き、緊張感といった描写が素晴らしくどんな展開が待ち受けているのか気になるゲームになっています。
私自身HEAVY RAINはプレイしていますが、まだ残念ながらクリアできていません。繋がりなどはありませんがこのゲームの発売までにクリアして備えたい所ですね。


『PlayStation All-Stars Battle Royale』

PSの人気キャラが大集合のこのゲーム。
他機種で人気のあのゲームに似ているとも言われていますが、このような乱闘系のゲームはみんなでプレイしたら絶対に面白いのは間違いないでしょう。
PS3とVitaによるクロスプラットフォームの対戦も実現しているということで家でも街中でもみんなでプレイする機会が訪れる?かもしれないですね。


『Call of Duty:Black Ops Declassfied』

Vita向けにCall of Dutyシリーズ新作が発表されました。
Black Opsとのことですが一昨年発売された1、今年発売予定の2とゲームプレイ、ストーリーなどどんな違いがあるのか非常に興味深いです。
携帯ゲーム機ではありますがVitaはスティック2つ搭載されている為、プレイしやすくなるでしょうか。(ただ、Vitaのスティックはいくつかプレイしてですが、あまりエイムに向かないような気もしますが…)


『Assassin’s Creed III: Liberation』

Vita向けにアサシンクリードシリーズの新作が発表されました。
なんと主人公は女アサシン!据置機で発売される3とどのような繋がりがあるのか期待です。胸も膨らみます。


『Assassin’s Creed III』

さらに据置機版では新要素となる大迫力の海戦のプレイデモが公開されました。
UBIソフトカンファレンスでも素晴らしいプレイデモが公開されましたが、こちらの映像でさらに楽しみになりました。


『Far Cry 3』

またFar Cry 3ではここで4人協力プレイが初めて公開され、実機によるプレイが行われました。
「狂ってるぜ」というこの作品。協力プレイでも狂ってるぜというセリフにふさわしい何かが出てくるのか?楽しみです。


『Wonderbook: Book of Spells』

Move対応の新作ゲームが発表されました。
今作はハリー・ポッターシリーズでおなじみのJ・K・ローリング女史が脚本を手掛けており、専用の本を使用することでその世界が楽しめるとのことです。


『God of War: Ascension』

God of Warシリーズ最新作が紹介されました。
今作は過去シリーズ以前のお話が描かれるとのことですが、デモプレイで迫力のある戦闘、そして素晴らしいグラフィックが見れてよかったです。
私自身前作を所持していますが、まだクリア出来ていませんので、これをクリアした上でプレイしたい所です。
北米では来年3月12日に発売予定です。


『The Last of Us』

クラッシュ・バンディクー、アンチャーテッドシリーズなどでおなじみのNaughty Dogが手掛ける完全新作です。
私はSCEカンファレンスの中でこのゲームの紹介を最も楽しみにしていました。
リアルなゲームプレイ、素晴らしいグラフィック、気になるこの先の展開…期待大です。
戦闘では登場キャラクターであるJoelとEllieが2人で協力する場面などもあり、他にどんな戦闘要素が含まれているのか注目です。特にEllieの活躍に期待したいです。
発売がいつになるかまだ詳細に決定されていませんが、是非ともプレイしたい新作です。


またその他ではPlayStation Plus強化、PS3とVitaのクロスプラットフォーム展開の強化、Vitaでのゲームアーカイブス対応も発表されました。


<総括>
PS3は年末で6年を迎えるということもあり、成熟のラインナップといった所ではないでしょうか。
Vitaは1年目ということもあってかまだまだこれからいう印象です。もっとVitaの新作ソフトが紹介されるのではないかと思っていたので少しさみしい印象です。
初公開の新作が少なく、カンファレンスも例年に比べて短いということもありやや消化不良感ですが、紹介されたゲームはどれも注目作ばかりなので期待したいです。
今後の展開に注目したいと思います。

以上です。
posted by みょーちゅー at 23:28| Comment(0) | ゲーム全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。